基本理念

言葉の大切さ

人間は母語で思考し、会話していく事で心豊かに成長していきます。

生まれてからの5年間は、成人の10年・15年にも値する時期です。ことばの通じない環境では、自分が認められている実感が持てず、自信をつけることが出来ません。
その結果、思考を閉ざし、漠然と日々を過ごすことが習慣となり、子どもによってはその後の成長にも影響してきます。

この様な大切な時期を母語の環境の中で過ごす事は、大変重要となります。

教育目標 ― こんな子どもに育てたい

  • 心身発達に欠かせない十分な遊びの中で子どもが本来持っている好奇心を育てる。
  • よく見、よく聞き、よく考えて、自分のことは自分で責任を持ってやりぬく子どもに育てる。
  • 絵画制作などを通して、感性や創造性を豊かにし、自分を表現できる子どもに育てる。
  • 行事を通して、それぞれが力を出し合い、互いに認め合える心を育てる。

園の特徴 ― 豊かに感じる心を育てる

  • 自然に囲まれた環境
    四季の自然に触れ合う中で感動し、生命の尊さを知らせる。
  • 日本語による保育
    言葉の確立していく大切な時期に母国語である自分の言葉で表現できる喜びと自信をつける。

保育時間

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
9:15 ~ 13:159:15 ~ 15:009:15 ~ 13:159:15 ~ 13:159:15 ~ 15:00

※月曜・木曜の午後は、保育後に幼児教室(フライハイト・キンダークラス)継続が可能です。

保育環境

園内の様子

自然に囲まれた環境で伸び伸びと活動し、四季の移り変わりや、生命の尊さを、体験を通して知っていきます。

自由な発想を生み出す保育室

大きな窓、明るい保育室の園舎

広々とした園庭

自然と触れ合う園外保育

幼児期の心身の発達に欠かせない充分な遊びを基本に置き、子供が本来持っている好奇心を育てられるよう、園外での保育も大切にしています。

スクールバス

毎朝、運行しています。
お気軽にご相談ください。